四十路日本語教師の英語と韓国語!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【英】関係代名詞・所有格"of which"

自分では、中学英語の文法はほぼ理解してると思ってました。

しかし、違ったようです~。

瞬間英作文
どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)
(2006/10)
森沢 洋介

商品詳細を見る


現在Part3の中学3年レベルをやってるんですが、
関係代名詞・所有格のところにきて、
人の時は"whose"を使う、これは知ってましたが、
人以外の時、"of which"を使うというの、勉強した記憶がないんです。なぜ!?

↓上記の本の例文より。

日本語:頂上が雪でおおわれている山が見えますか?

英語:Can you see the mountain the top of which is covered with snow?


へぇ~。そうなんだ~。


って感心してる場合かい!

瞬間に、ペラペラ~っと英作できるようになれるかなあ。ならなくちゃなあ。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

関係代名詞が上手にペラペラ~っと使えたら、なんか上級者って感
じですよね。

憧れます。私なんか何回も何回も文法を復習しても忘れていることが多々ありますよ。

やっぱり、使う場所を作って実践で叩き込まないとダメなのかな~
とも思います・・・。

あ~、遠い道のりだ(>_<)


わかめ | URL | 2008年11月21日(Fri)04:18 [EDIT]


こういうのって・・・

こんにちは。
ゆじゃ丸様。これは単にお忘れになっているだけですよ。
それに 喋る時こんなまどろっこしいこと 誰も言いませんよ。スピーチでもしない限り。
日本人て 関係代名詞好きでコダワリますが 英語圏人ってあまり使いませんね。そりゃ 色々な話し方をする人がおりますし 話す相手によって 言葉遣いや喋り方を変えるのは当然のことなので 絶対使わないとは言いませんが。きちんとした文を書こうと思えば使いますでしょう 勿論。
TOEICの勉強をなさるのには こういうのをご存知であるということは必要ですし 新聞等をお読みになるのには必要な知識ですね。
ただ この瞬間英作文というテキスト よく英語学習者の方が使ってらっしゃって話題にのぼっておりますが 日本人が書いたものですよね。で この人の英語なのです。

わたしだったら こういうの 2文に分けますね。

Can you see the mountain the top of which is covered with snow?

Can you see the mountain? The top is covered with snow.

この方がペラペラになれます。考えなくっても言えますから。
これで充分通じます。会話なら。で 大方の英語圏人はこのような言い方をすると考えます。わたしが知っている限りでは。

日本語で考えてみましても 「頂上に雪が積もってるあの山が見える?」なんてまどろっこしい!!「あの山が見える?頂上に雪があるでしょ」になりますでしょう。

以前夫と英語圏人がたくさん集まるパーティに行きました折 帰ってから言っておりました。
「あなたの話す英語ってとっても簡単でよくわかるんだけど いざ自分が話そうと思うとややこしく考えてしまって喋れなくなってしまうんだ」
短いセンテンスを上手につなぐ方がペラペラになりますし 相手にもわかってもらい易いですね 経験から言って。

日常会話で使う関係代名詞って that と who くらいですね。そして省略できるのなら省略しています。

fountainhead | URL | 2008年11月21日(Fri)11:15 [EDIT]


No title

こんにちは!
まずは、出遅れましたがTOEICお疲れ様でした。結果が出たのですね。いきなりあの点数はすごいです!!働きながら韓国語のお勉強までされているのに・・・。素晴らしいです!!!
それから中学英語ってあなどれませんよね。
私もやってて「あれ?こんなん習ったけ?」ってのがたくさんありましたよ(^_^;)
e-35fountainheadさんのコメント「ほええ~。」一つ勉強させて頂きました!なるほど~。
お互い「瞬間に、ペラペラ~っと英作できるように」なれる日目指して頑張りましょうね!

bilby | URL | 2008年11月21日(Fri)13:22 [EDIT]


>>わかめさん

関係代名詞、難しいですね。
ここまでは時間さえかければ英作できてたのに、
of whichになったら、え?ってなっちゃいましたよ~。
少なくとも理解できるようにはならなくちゃ!
と思ってます。

ゆじゃ丸 | URL | 2008年11月21日(Fri)21:32 [EDIT]


こんばんは~

ゆじゃ丸さんの“へぇ~、そうなんだ~”に同感、同感!!と、うなずいておりましたが、
fountainhead さんの詳しい解説を読んで“へぇ~、なるほど~!!”と感心してしまいました。
←いいのかぁ~。こんなんで。。。(汗)

今日、家に帰ったら成績表が届いていましたね~!
私、次回は2月か3月だなぁ~。
1月は間に合いそうにないです~。。。

Nemo | URL | 2008年11月21日(Fri)22:03 [EDIT]


>>fountainheadさん

詳しいコメントありがとうございます!!
of which、きれいさっぱり忘れているところが恐ろしいです。
会話では
Can you see the mountain? The top is covered with snow.
と言っていただきたいです、ホントに。
of which で言われたら、「?」となって固まってしまうことでしょう。
会話では、長い文章を言おうとして黙ってしまうより、2つに分けてとっととしゃべっちゃったほうがいいですよね?

とりあえず、基本的な文法を体得する意味で、この本は勉強を続けます。もうすぐ終りです。中3レベル後半は結構難しいですね。瞬間でやるには。

この本は、会話という観点でみるとちょっとおかしい、というかあり得ないような文も多少出てきます。
そのことは、また記事に書いてみようと思います。

ゆじゃ丸 | URL | 2008年11月22日(Sat)11:23 [EDIT]


>>bilbyさん

ありがとうございます~。
TOEICは、次回下がらないようにしなくちゃ。
(まだまだの点数なのに、こんなに弱気…)

やっぱり基本は中学英語ですよね。
これがちゃんとしてなくちゃ~始まりませんものね。
この本で勉強してて、本当にあぁそうだっけ?というのが大量にありました。
で、中でもこのof whichは全く覚えてなかったという…(笑)
ペラペラ目指して、お互いにがんばりましょうね~♪

ゆじゃ丸 | URL | 2008年11月22日(Sat)11:29 [EDIT]


>>Nemoさん

そうなんですよ~。
自分で勉強してるだけじゃなくて、このようにコメントしていただけると本当に助かります。
上記のof which の文も、「会話ではそんなまどろっこしい言い方はしないのね~」ということがfountainheadさんのおかげでわかり、なんだか安心しました。それを認識した上で体得するためにやろうと思います。

あ、成績表、まだ届いてないなあ。
後でポストに見に行ってみます。
Nemoさんは2月か3月なんですね~。お互いがんばりましょうね♪

ゆじゃ丸 | URL | 2008年11月22日(Sat)11:35 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。